パチンコ・パチスロ 稼働ランキングと中古価格

業界ニュース
※稼働ランキングは[PiDEA][PachiBee]を引用
※中古価格は[中古機相場.com]を引用

どうも「BOSS」です。

パチンコは新規則機が主流となって稼働ランキングが形成されており中古市場もほぼこれに批准していますが、パチスロは未だ5号機、6号機が稼働ランキングに混在しています。

今後もパチンコを軸として入替がされていき、パチスロの新台購入はより慎重にならざるを得ない状況が以下のデータに表れています。

【パチンコ】

「Pパチンコ 新世紀エヴァンゲリオン ~未来への咆哮~」が12月導入から高稼働をキープしています。中古価格も200万円オーバーで高値が続いています。

「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.」も7週目で絶好調です。こちらも中古価格が200万円を超えています。

この2機種に共通しているのは導入前の評価が高くなかったのにも関わらず、設置してみたら予想以上に高稼働を維持し続けているので評価が一転しているところです。

一方、「Pルパン三世 2000カラットの涙 H1AZ2」は2月に導入されたばかりで稼働は高いですが、中古価格は急降下しています。

同時期に導入されて異彩を放っているのが「P yes!高須クリニック 超整形BLACK ver.」で変則スペックでありながら高稼働で11万発出たというSNSでの情報もあります。

同じく同時期に導入されている「P刀使ノ巫女 Mha」は型式試験に1億円つぎ込んだと言われている西陣お得意のライトミドルスペックで安定した稼働で長期間使える機種として期待されていましたが、これからが正念場というところです。

【パチスロ】

「Sパチスロ ドリフターズ」が2月に導入されたばかりで稼働はトップですが、評価はイマイチで中古価格も今後下がっていくと予想されています。

今後出てくる6.5号機の性能評価にもよりますが、100万円、200万円と高騰化しているジャグラー三銃士は別格として、「沖ドキ!DUO-30」「押忍!番長ZERO」は稼働も安定しておりファン層が移行しない限り中古価格は下がりそうにもありません。

パチスロの中古価格はパチンコより新台の先行き不透明感から先物相場的な含みを持った要素が強いのかもしれません。これによって、中古価格と稼働のランキングがリンクしていない要因となっているようです。

また、パチンコと同様に「沖ドキ!DUO-30」のように稼働してから評価が覆る場合も見られ、また「チバリヨ-30」に見られるように30Φなど地域性や客層によって評価の差異がある場合もあり選定する側の見極めも難しい傾向にあります。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました